緑内障を治療中の方へ|緑内障・子どもの目・眼精疲労なら横浜の東戸塚田園眼科クリニック。

東戸塚 田園眼科クリニック

緑内障を治療中の方へ

当院の治療方針

緑内障は一生付き合っていかなければならない病気ですから、まず
1.本当に緑内障なのか?
2.緑内障が進行しているのか?
3.治療が必要か?
を十分確認した上で治療を開始、あるいは継続するようにしています。

緑内障の精密検査及び治療の評価には、眼圧検査眼底検査視野検査の3つが必要です。            
さらに最近では、眼の奥の網膜や視神経乳頭の断面を見ることができるOCT(光干渉断層計)・HRT(視神経乳頭解析)などを用いることで、早期緑内障及び緑内障の進行状況をより正確に診断できるようになっています。

HRT・OCT

緑内障の場合、基本的には一度失った視野が回復することはありません。治療は点眼治療が主となり、症状の進行を遅らせるために継続して行います。点眼治療では、点眼で緑内障の進行を十分コントロールできているか?を定期的な精密検査により確認し、 コントロールが不十分の場合は、点眼薬の追加変更などの調整を行いながら経過観察をしていきます。
大切なのは、診断後は自覚症状がなくても進行を食い止めるための治療を継続することです。自己判断で治療を中止せずにリラックスして治療を継続して下さい。
点眼の追加変更などの調整だけでは進行を十分コントロールできなくなってきた場合は、SLT(選択的レーザー繊維柱帯形成術)を行うことも可能です。SLTは問題となる副作用はほとんどありませんが、効果の持続が1年のため、年に1回の割合で治療が必要になります。
以上の治療では緑内障の進行を十分にコントロールができない場合は、早期に東邦大学大橋病院 富田先生などへコンサルトを行い、大学と連携して進行予防に努めております。

PageTop

東戸塚田園眼科クリニック