スポットビジョンスクリーナー|緑内障・子どもの目・眼精疲労なら横浜の東戸塚田園眼科クリニック。

東戸塚田園眼科クリニック

スポットビジョンスクリーナー

当院では、スポットビジョンスクリーナーを導入し、
乳幼児(6か月〜)の視力スクリーニング検査が可能になりました。

視力の発達は6歳くらいまで

視力は、生後両眼でものをとらえ、正確に“視る”ことで徐々に発達していきます。しかし、視力が発達する期間(乳幼児期)に、屈折異常(近視・遠視・乱視)や斜視などの問題があり、正常な視覚刺激が入ってこない場合、視力が正常に発達しません。これを弱視といい早期に検査することで、適切な治療を行えます。

スポットビジョンスクリーナー

スポットビジョンスクリーナー

スポットビジョンスクリーナーの特徴

1 診察室を若干暗くする(照明を消す)ことがありますが、カメラで写真を撮られるような感覚でできます。
2 近視、遠視、乱視、不同視、斜視、瞳孔不同を早期に発見し、弱視になるのを予防します。
当院では、スポットビジョンスクリーナーで検診を行い、異常が疑われる方には、後日、視能訓練士が対応いたします。視力が発達する6歳までの大切な時期に適切な治療を行うためにも、お子さんの目の異常を早期に発見しましょう。
お子様の見え方についてご心配のある方は、お気軽にスタッフまでお声がけ下さい。

PageTop