緑内障治療Q&A|緑内障・子どもの目・眼精疲労なら横浜の東戸塚田園眼科クリニック。

東戸塚田園眼科クリニック

緑内障治療Q&A

緑内障は、早期の発見と継続した治療が大切です!
毎日、忘れずに目薬をさすことと、月に1回の診察を継続することが大切です!
質問 緑内障の治療にはどのような方法がありますか?
回答 基本的には、眼圧を下げる目薬による治療となります。
まず1種類で治療を始め、効果が十分でなければ、目薬の変更や作用の違う薬を追加して2〜3種類組み合わせたりします。その際に、作用の異なる2つの薬が1つになった配合点眼薬を使うこともあります。それでも眼圧が十分に下がらない場合や、視野障害が進行する場合は、レーザー治療や手術を行います。
質問 緑内障の治療では入院が必要ですか?
回答 基本は通院による点眼治療です。通院頻度は1~2ヶ月に1度で、検査と目薬の処方を行います。
質問 緑内障が完治するまで、どのくらいの期間が必要ですか?
回答 緑内障は完治しない(失われた視野は回復しない)病気です。視野狭窄が進行するのを防ぐための治療になりますから、一生付き合っていかなければならない病気といえます。
質問 緑内障の治療にはどのような薬を使いますか?
回答 治療薬は緑内障のタイプによっていろいろ使い分けますが、原則として、目薬で眼圧をコントロールします。
眼圧を下げるための主な目薬は、

● 房水の生産量を抑えるもの
● 房水の排出をうながすもの  があります。

緑内障の治療を続けるうえで、もし目薬を使っていて「何か変だな」と思ったら、ためらわずに医師に相談することが大切です。1滴の点眼薬でも全身に副作用が出る場合があるからです。ただし、目薬の副作用のなかには、患者さんご自身のちょっとした工夫で防げるものもあります。たとえば、目のまわりが黒くなったり、まつげが濃くなったりする目薬がありますが、点眼後に洗顔することで防ぐことができるのです。
質問 緑内障の治療するうえで、日常生活ではどのような点に気をつけたらよいでしょうか?
回答 慢性疾患の場合、特に自己管理が大切になります。ただし自己判断で行うものではなく、医師からの諸注意をきちんと守ることが中心となります。点眼を忘れず必ず行うことと定期的な受診はもちろんですが、規則正しい生活やバランスの良い食事など、健康であるための一般的な注意事項を守ること、イライラせずに毎日気分をゆったり保つよう心がけてください。
自己判断で治療を中止せずにリラックスして治療を継続しましょう!
緑内障の治療についてセカンドオピニオンをご提供します!

PageTop