眼精疲労|緑内障・子どもの目・眼精疲労なら横浜の東戸塚田園眼科クリニック。

東戸塚田園眼科クリニック

眼精疲労

眼精疲労とは、視作業(目を使う仕事)を続けることにより、眼痛・目のかすみ・ショボショボ・まぶしさ・充血などの目の症状や、頭痛・肩こり・吐き気などの全身症状が出現し、休息や睡眠をとっても十分に回復しえない状態をいいます。
放置すると、重大な目の病気を見逃すこともあり、また、イライラや情緒不安定などの精神的症状に悩まされる場合も出てきます。

眼精疲労

原因

1 目の病気…ドライアイ、緑内障、白内障、斜視、眼瞼下垂など
2 度の合わない眼鏡、コンタクトレンズの使用
3 体の病気…更年期障害、自律神経失調症、虫歯や歯周病、耳や鼻の病気など
4 目を使う環境…照明、椅子や机の高さ、悪い姿勢、VDT作業(パソコン・スマホの使用)など
5 精神的なストレス、不安や悩み、睡眠不足、過労など
見えづらいのに無理して見ようとすることで目の筋肉に疲労が起こります。
その他、身体や心の状態、また、環境などが重なり合って生じることも多く、眼精疲労がもたらす要因は非常に多岐にわたっています。

当院での治療

1 まず、病気がないか目の検査を受け、異常があれば治療します。ドライアイや眼瞼の病気が要注意です。
2 眼鏡やコンタクトレンズの度があっているか検眼しなおします。
3 VDT作業をする機会の多い人は、適度な休息を取りながら行うようにします。
4 全身の病気がないか健診を受けます。
5 照明の明るさ、姿勢、空調など環境を整えます。
6 十分な睡眠と気分転換を心がけ、ストレスをためないようにします。
眼精疲労に特効薬はありませんが、ビタミン剤の配合された点眼薬や内服薬が有効なこともあります。
まず原因を追究して、改善できるものは改善し、適切な治療を受けることが大切です。

自分でもできる疲れ目対策

1 目の体操やツボマッサージ、目を温めることが効果的です。
目の周りの血行が促進され、筋肉の緊張を緩め、目がスッキリします。
2 食事・栄養に気をつける
ビタミンA、B群、C、ルテイン、DHA、アントシアニン(ポリフェノール)、タウリン、亜鉛を含む食品が目の疲れに良い食品です。
しかし、大事なことは緑黄色野菜などを多く含み、季節の食材を取り入れたバランスの良い食事を日々心がけることです。
診察により問題点を確認し1つ1つ改善していけば、つらい症状も少しずつ良くなっていくと思います。我慢したりあきらめたりせずに、ご相談ください。

PageTop