花粉症|緑内障・子どもの目・眼精疲労なら横浜の東戸塚田園眼科クリニック。

東戸塚 田園眼科クリニック

目の病気

花粉症

主に春先になると、花粉症による目のかゆみや痛み、さらには結膜炎などの症状で苦しんでいる人が増えています。花粉症はアレルギー性疾患なので、完全に治すことは難しく、日常生活に大きな支障を来します。しかし、花粉を回避しながら薬剤を上手に用いて治療を行えば、コントロールできるようになります。

症状

花粉症

症状はおもに目と鼻に現れ、毎年、樹木や草花の花粉が舞う季節に繰り返して起こります。まず目のまわりが痒くなり、まぶたが腫れぼったくなったり、結膜(しろめ)が腫れます。痒いので擦ったり、掻いたりするとさらに悪化し、結膜や角膜(くろめ)を傷つけ、目がゴロゴロしたり、かすんだり、まぶしく感じたり、痛みがでたりします。重症になると結膜に浮腫が生じ、外から目が見えないくらい腫れたりします。

治療

・花粉症の人は、花粉が飛散する2週間くらい前から抗アレルギー薬を使用すると、アレルギー症状がでにくくなります(初期療法)
・花粉症の症状が出たら、悪化しないように点眼薬の使用を行います(対症療法)

目の病気一覧へ

PageTop

東戸塚田園眼科クリニック