緑内障|緑内障・子どもの目・眼精疲労なら横浜の東戸塚田園眼科クリニック。

東戸塚 田園眼科クリニック

目の病気

緑内障

緑内障はほとんどの場合、末期まで自覚症状が乏しく、自らすすんで検査をしない限り気づかないことが非常に多い疾患です。特に視野欠損の自覚がある強度近視、家族歴(親、兄弟が緑内障)がある年齢が40歳以上検診・ドック・他院で視神経乳頭陥凹を指摘されたなどリスクが高い方は、早い時期に検査を受けることが大切です。また、リスクが少ない方も定期的な眼底検査による経年変化を把握することがとても重要です。
自覚症状がないうちに緑内障を見つけ出し、治療を開始することが視覚(視力や視界)を将来にわたって保ち続ける最大の良策なのです。
緑内障は眼圧により視神経が弱ってくる病気です。 眼球に一定の張りを与えて形を保つ圧力を眼圧といいますが、なんらかの原因で眼圧が適正範囲を超えた状態が続くと、カメラでフィルムに相当する網膜の視神経の繊維が圧迫され、徐々に弱っていきます。視神経が弱ってきたため、それに対応する視野が狭くなったり部分的に見えなくなったりするのが緑内障です。
その中で、眼圧が正常といわれる範囲内にもかかわらず、視神経が眼圧に対して弱いために眼圧が高い緑内障と同じように視野が狭くなる正常眼圧緑内障が大部分を占めていることがわかっています。

緑内障の一部には、閉塞隅角緑内障という急に眼圧が上がり視野や視力が悪くなるタイプもありますが、多くのタイプは末期まで視力が悪くならないことが多いので、自覚症状があまりないままゆっくりと進行します。一般に視野・視力障害などの自覚症状が現れてくるのは、緑内障の中期以降になります。
現在緑内障にかかっている人の割合は、40歳以上の20人に1人といわれていますが、自覚症状があまりないので緑内障と気づかない方も多く、実際通院されている割合は20%程度ともいわれています。

OCT(網膜断層撮影)

緑内障

通常の眼底写真(左図)と比べ、OCTでは神経の薄い部分(右図の赤い部分)がより明瞭に描出されます。
OCT(網膜断層撮影)などの検査と今までの検査と組み合わせることで、初期の段階から正確な診断が可能になってきました。

緑内障の発見

大部分の方は、人間ドックや健康診断の眼底検査、たまたま眼科を受診した際の眼底検査などで、眼底の視神経乳頭のくぼみの大きさから緑内障が発見されることが多いといえます。

正常眼圧緑内障の診断で重要なのは、視野検査と眼底検査です。
視野検査は自動視野計などで、視野の範囲を精密に調べます。眼底検査は瞳孔から眼底を観察し、視神経乳頭や周囲の神経線維の状態を調べます。最近はOCT(網膜断層撮影)やHRT(視神経乳頭解析)などの検査機器が開発され、初期の段階から正確な診断が可能になってきました。
どんな方が正常眼圧緑内障になりやすいかは、まだ十分わかっていません。しかし、視神経の数は老化によって徐々に減少するため、高齢になれば発症率が増加することがわかっています。また、遺伝が危険因子であるため、両親や兄弟に緑内障の人がいるとなりやすいことがわかっていますし、近視が強いと網膜が構造的に弱いため、なりやすいこともわかっています。

人間ドックや検診で眼圧や視神経乳頭の異常を指摘されても、きちんと眼科で視野検査や眼底検査を行わないと、みすみす病気を発見するチャンスを逃すことになります。有病率が高くなる40歳以上の方、家族歴などの遺伝的要素や強度近視など危険因子を持っている方は、自覚症状がなくても眼科で検診を受けることが緑内障の早期発見につながると思います。

緑内障の治療

緑内障では、いったん悪くなった視力や視野を元通りに戻す治療方法がありません。点眼薬や手術で眼圧を適正な値に保ち、進行速度を遅らせることが治療の基本です。基本的には目標眼圧を設定の上で点眼から開始し、眼圧が十分下がらなければ点眼の変更追加を行い、それでも視野障害の進行が抑えられない場合は手術を行います。レーザー治療は、一部の緑内障のみが対象となります。
当院では
最新の検査機器を導入し緑内障の早期発見に努めています。
また点眼治療の効果が不十分な場合は、緑内障に対する最新治療であるSLT(選択的レーザー繊維柱帯形成術)を行うことも可能です。さらに必要な場合は随時専門医への紹介も行っております。
また、緑内障検診を予約制にて実施しています。

緑内障レーザー治療SLT(選択的レーザー繊維柱帯形成術)について

当院では緑内障に対する最新治療であるSLT(選択的レーザー繊維柱帯形成術)を導入しています。
緑内障の原因の1つは、眼内で作られた水(房水)が排水溝へ抜けていく際に通過する網の目(繊維柱帯)が詰まることにより房水の排泄が悪くなることで眼圧が上昇するのですが、この治療法はYAGレーザーを使用することにより、この詰まりを減らし流れを改善することで眼圧を下げるものです。従来同様の方法としてALT(アルゴンレーザー繊維柱帯形成術)という治療がありましたが、効果が一時的であることが多く、繊維柱帯の組織を破壊してしまうという欠点がありました。SLTの最大の特徴はメラニンだけを標的とし組織破壊を伴わないという点であり、合併症のリスクも非常に少ないものです。対象は開放隅角緑内障または正常眼圧緑内障の方で、毎日点眼するのは面倒だという方にもお勧めです。費用は1割負担の方は約10,000円、3割負担の方は約30,000円です。

緑内障検診のご予約について

当院では緑内障の早期発見・早期治療に力を入れています。

最新機器のOCT(光干渉断層計)・HRT(視神経乳頭解析)・FDT視野計など検査時間が短く患者さんの負担が少ない方法を用いてスクリーニングを行い、より詳しい検査が必要な方には精密検査を行っています。

緑内障検診のご予約について

▼当院では、緑内障に関する患者さんが全体の3割を占めています。

●視野欠損の自覚がある
●強度近視、家族歴(親、兄弟が緑内障)がある
●年齢が40歳以上
●検診、ドック、他院で視神経乳頭陥凹を指摘された


などで心配されている方に、できるだけスムーズに検査を受けて頂けるよう緑内障検診の予約を行っています。

予約での診療内容

視力検査・眼圧検査・眼底検査、および必要に応じて
・網膜断層撮影(OCT)
・視神経乳頭形状解析(HRTV)
・視野検査
など予定しております。
予約方法 お電話にての受付となります。
[TEL] 045-820-3813
受付時間 なるべく16:00〜18:00(月火水金)にお電話ください。
※尚、混雑時はお電話に出られない場合があります。

注意事項

・キャンセルする際、当日でも構いませんのでご連絡ください。
・予約時間に遅れてしまう場合もご連絡ください。
・所要時間は60〜120分前後を予定しております。

来院当日のお願い

保険証をお持ちください。
(受給者証などお持ちの方は、そちらもお持ちください)
当日は、視力検査や視野検査など行う予定です。目が疲れた状態だと検査が正確に出来ない可能性があります。また、散瞳検査を行う場合もありますのでご自身で自動車を運転されての来院はご遠慮下さい。
受付される際、問診表にご記入いただきます。

目の病気一覧へ

PageTop

東戸塚田園眼科クリニック