白内障の手術について|緑内障・子どもの目・眼精疲労なら横浜の東戸塚田園眼科クリニック。

東戸塚田園眼科クリニック

白内障の手術について

病状が進行し視力低下によって日常生活に支障をきたすようになってきた場合は、手術を行い視力を回復させることができます。

白内障手術

濁った水晶体を超音波で取り除き、人工の水晶体である眼内レンズを挿入します。眼内レンズは取り替える必要がなく、半永久的に使用できます。裸眼視力の向上が期待できることはもちろん、手術法の進歩によって以前より非常に安全性が高く、正確にできるようになりました。多くの場合入院の必要もなく日帰り手術になります。
当院では
手術に関しては、患者さんのご要望に応じた最適な病院への紹介を行っております。
また、横浜医療センター、稲村眼科(伊勢佐木町)、大船田園眼科等と連携し、術前術後のサポートをしています。

後発白内障

白内障手術の合併症として多いのが後発白内障といわれるものです。
白内障手術時に残した水晶体の袋(水晶体嚢)が薄く白色に混濁してきたためで、その混濁によって網膜に届く光が遮られて、再び白内障のような症状を起こることから、後発白内障と呼ばれます。早いケースでは手術をして数週間後に発生することがあります。遅いものでは手術後数年経ってから見られることもあります。
後発白内障の症状は、初期の白内障と同じく曇ったりかすんで見えたりするのですが、濁りの程度が軽く、視力の低下やかすみがなければ治療の必要はありませんが、支障をきたすようになれば眼内レンズの裏にある水晶体後嚢にYAGレーザーを照射し、穴を開けることで濁りを取り除きます。
当院では
後発白内障に対するレーザー治療である後嚢切開術を導入しています。
費用は、1割負担の方は約2,000円、3割負担の方は約6,000円です。

PageTop